汗っかきだから背中のニキビに苦戦中

私は極度の汗っかきです。しかし、顔などの目につきやすいところは、あまり汗をかきません。
すごく汗をかくのは、脇と背中と内太ももです。特に、背中はひどくて、滴り落ちるのが分かるのです。だから背中のニキビって神経質になるくらいにできるんです泣
冬場ならなんとかごまかせるけど夏場は背中って気をつけないと人に見られますからね。
今は、自分が汗をかきやすい部分を把握しているので、それなりに気をつけることができます。しかし、それに気付くまでは数々の失敗がありました。
汗染みの目立つ服を着てしまっていたことがあり、背中と脇の部分が汗のせいで色が変わっていることに気付かず過ごしていたことがありました。鏡で見て気付いた時は、すごくショックで急いでカーディガンを羽織りました。そして、そういった服は汗をかきやすい暑い日には着るのをやめました。
また、制汗スプレーも朝しか使っていなかったのですが、それだけでは間に合わないと思い、持ち歩くようになりました。それと一緒にデオドラントシートも常備しています。
また、汗わきパットも使うようになりました。これは、本当に優れものでパットが汗を全部吸い取ってくれるし、簡単に取り替えられます。
汗に関しては、かなり敏感になってしまいましたが、最低限のエチケットとマナーは守りたいです。

 

オリンピックも終わりますね・・

ちょっとさみしいな。
リアルタイムで起きて見ているわけでないけど、オリンピックって見てみて清々しい気分になります。不思議ですね。
なんかスポーツやりたくなってくる感じ。雪でスポーツどころじゃないけどね(汗)
よく選手が「オリンピックの重圧」って言葉を口にするけど、あるのでしょうかねーやっぱり重圧。
会場の雰囲気とか。。。
!!そういえばソチの後は・・・ワールドカップが6月にあるんだね!!!
楽しみ~

 

ムダ毛のトラウマ・・・恥ずかしい。。

ムダ毛といえば思い出すことがあります。ある意味ムダ毛はトラウマになっています・・・
ilm16_cb02001-sそれまでムダ毛に対して、特にありがたさも感じていなかったのですが、その事件があってからはまつ毛は大切なものだと思うようになりました。
事件というのは、ある日料理をしていたときのことです。
確かワインを入れた瞬間、ボォッと火が上がったのです。
一瞬で身体は後ろに引きましたが、目の前まで火が来たことだけは覚えています。
前髪が焦げたのではないかと心配しました。確かに少し焦げたようで、一部短くなってしまったようでした。
でもその時はまだまつ毛のことまで気がつかなかったのです。
翌日、アイメイクをしようとしてシゲシゲとまつ毛を見て飛び上がりました。
まつ毛がないのです。前日の火で焦げてしまったのでした。
そういえば、目がくしゃくしゃするなとか、埃が入るなと思っていたのは、まつ毛が無くなったからだったのでした。
それから一生懸命、まつ毛美容液を付け、まつ毛の養毛に力を入れました。
おかげさまで、今は普通に生えていますが、まつ毛がないということが、あんなに困るということを初めて知る機会になった事件でした。